スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上記事の更新がないブログに表示されます。
新しい記事を書くことで、こちらの広告の表示を消すことができます。  

Posted by ミリタリーブログ  at 

2016年02月19日

第三分隊遠征「福岡支援遠征案」

本日大分ノカジメ上等兵ヨリ支援ノ入電アリ。
明日二十日ヒトハチマルマル時ヨリ
福岡「福岡サバゲーランド」
ニ向ケ支援遠征ヲ行ナウ
予定期間は一日ト半日、参加人員ハ鹿児島ヨリ
伍長
ノベ一名

二十一日ヒトナナマルマルをもって支援行動終了、帰還開始予定

特記事項
大本営ヨリ、決戦兵器「試作型JN2式」ノ使用許可アリ。


以上


追伸
動画取れたら取ってきます  


Posted by 木炭伍長  at 21:21Comments(0)サバゲー第三分隊報告書旧日本軍ネタ装備

2016年02月11日

今週のサバゲー

どうもっちゃん!!

今日はいい天気でしたね。
絶好のサバゲー日和です。

てことで!てことで!

ジャガーノートで出撃してきました。
こんなの➡

だけど前日に車のマフラーは折れるわ朝は点検してもらうわでグダグタに…
で、一時間ほど遅れてタクチャレに突入。
1ゲーム10禁戦にCOLT25と100均の6禁銃で参加、ボロボロになりました。
そしてジャガーノートを装着。
スポンジブレードをもち色々とテストゲームをかねて十禁と十八禁戦でターミネーター役で遊ばせていただきました。
うん、熱い。

そして、昼頃車がいかれた友人を迎えにいく予定がズルズル流れて三時にまで長引き、友人を迎えにイオンへ。
しかし、友人は親が迎えに来た模様でしばらく話したら帰宅。
んで、時間的に戻っても終わってしまうので当初友人と行く予定だったラグーンへ。
そこでもジャガーノートで十禁戦で出撃。
しかし出撃前に十八才以上の子供たち(意味深)による撮影会が開始。
写真?撮って貰ってないよ!!探せば出てくるかも?
武装はタクティカルバケツ(BB弾入り)。
豆まきの要領で巻いてました。

そして、十八禁戦でCOLT25と6禁銃、ジャガーノート用に仕入れていたデザートイーグルで戦闘をし、タガートさんやオーナーの中村さんと色々話して帰ってきました。
ん?だから写真って?

タクティカルチャレンジとラグーンのblogを見てくだされ。
私は撮ってない(´・ω・`)  


Posted by 木炭伍長  at 22:23Comments(0)サバゲーネタ装備

2016年02月10日

ジャガーノート時々マテリア

どうもっちゃん!!


最近寒くなって参りましたね。

さて、今回はまたあれが届きましたよ。

フレームアームズガールマテリア。

また三箱です。
またです。
でも今回は素体型。
今度リトルアーモリーや何処かのフィギュアの装備を引っ張ってきてミリタリー兵のように着飾る予定です。

はい、今回はマテリアの話はここまで。

この前の日曜日に地元のサバゲーチームのフィールドに遊びにいきました。
うん、車当て逃げされてまた修理にいったから砂利君に送迎頼みました。
ほんとありがとうね。


そして、完成(まだ未完成)したジャガーノートの初下ろしをしてきました。



なんか、これじゃないかん。
でも、かんちさんは目が光ることに大ウケでした(笑)
暗闇で光らすとこんな感じ
このときはまだパテを盛り付けてなかったからもっと不気味に光ります。

それにしても、本家のジャガーノートと比較するとかなり違うのが泣けてきます。

ネットで拾ってきた本家ジャガーノート。

もう少しネックアーマーのしたが広がりぎみなんですよねぇ。
私のお察し工作技術ではこの程度しかできませんが。
これ、視界は下30度、上100度、左右中央から45度は見えません(´・ω・`)
光らせるギミックのために犠牲になりました。
でも、慣れれば案外見えます。
だが、サバゲーではなんのタクティカルアドバンテージもない模様。

本当は、チェストリグを本家に近いハイスピードギアのDACH v1にしたかったのですが、
レプリカも本物も出回っておらず、あえなく断念してUFCのチェストリグで妥協しました。

でも、V1がどこかにあれば買いにいきたいのになぁ。
特に黒ファストテックの。

画像は拾い物。

ジャガーノートの完成度を高めるため私は今日も頑張ります(´・ω・)
ハイスピードギアのファストテック式三連ハンドガンポーチも探さないとな、ジャガーノートの胸につけないと。
あ、あとデザートイーグルのレッグホルスターもだね、うん。  


Posted by 木炭伍長  at 00:06Comments(0)日常装備品サバゲーネタ装備

2016年01月18日

作業目録~八九式重擲弾筒・作成~

平成二十八年一月十八日、ヒトヨンマルマル

カネテヨリ火力不足ダッタ戦線ニ対シテ、
連射可能ナ火器ニヨル火力支援ヲ求メタガ、ソレラヲ運用デキルホドノ弾薬供給ガナク、
已ム無ク携帯シ使用スルコトガナカッタ手榴弾ヲ使用シタ武装ヲ求メタ。

大本営ヨリ装備ノ支給ガ行ワレタ。
手榴弾ヲ利用デキ、尚且ツ投擲ヨリモ遠クヘノ発射ガ可能ナ携帯型榴弾筒
八九式重擲弾筒(私製)
ガ、第三分隊ニ配備サレタ。

コレニヨリ敵陣ノ攻略ガ安易ニナルコトヲ切ニ願ウ。


さて、今回は日本軍が使用した携帯榴弾砲、
八九式重擲弾筒を作成しました。
材料は塩化ビニールパイプPV40、16、PV16・25接続パイプ、2センチ滑車、ネジ、5ミリ×20センチボルト、PPTボード、43ミリ用机足カバー
材料費込みでも2000円行きません。
試作のためまだ黒塗装も終わってません(笑)

じゃあ紹介おば。

撃鉄方式は後進撃鉄。
モスカートを投入後固定し、トリガーで発射します。
この調整が一番めんどくさかったです。



撃鉄はボルトとスプリングのみの簡単機構。
おまけに簡単に取り出せるので修理にも便利。



モスカート固定用の板とボルトです。
ゴムのテンションだけで固定可能です。(でも簡易なため握ることがオススメ)


トリガー周り。
実物と同じ発射方式がいいと思い、滑車にネジを埋め込み、トリガーとして利用しました。
ただ、構造の関係上、トリガーは90度稼動がやっとです。
紐を取り付ければ実物と同じ発射方法になりますね。

しかし、この方式にした理由として、実際の運用法にもあった、水平撃ちが可能にすることが第一条件だったため、非常によいトリガー位置になりました。
軸を握って指が届く位置なため、簡単に発射可能です。

しかしながら固定用の軸がPPTボード1.2ミリなため非常にやわらかいです。
しかし、膝に乗っけるとぴったりになるように作ったため、ぜひWW2米兵装備ノ方ニーモータ撃ちやっちゃってください

重量は500グラム程度と、非常に軽いです。
これから先の日本兵ライフがさらに楽しくなりますねぇ・・・
次は八九式榴弾弾薬箱つくらないとなぁ・・・画像見つからないから自衛隊の40mmグレネードの弾薬箱の方でいいよね?  


2016年01月17日

アカデミー COLT25

どうもっちゃん!!
今日はサバゲー仲間のもっちいさんと愛甲商会に行ってきました。
今出水でおそらく唯一エアコッキングガンを取り扱ってる店・・・
ということで、そこであった掘り出し物、
アカデミー COLT25を紹介します。
店先に並んでいた懐かしいマルイエアコッキングガンのなかで
見つけたちっこいやつです。値段は1000円税別。

ただ悲しいかな・・・韓国版です。
欲を言えばフィリピン版がよかった・・・

まあそんなことはいいとして、開封


簡易包装万歳。
でもこれ・・・1999年11月納品なのか?それとも賞味期限!?(なんのだよ)

んで、相変わらずの残念BB弾。

バリがすっごいです。

さあ、取り出しました。


サイズはちまっこいですが、実寸通りだそうな。

セーフティもかかります。何気にすごい。
中にはいっているのはなぜか日本語の安全説明書・・・
これこくさいとかのただのコピーじゃね?

気を取り直して手袋はLサイズの手で持ってもこれだけちっさい

握り心地は微妙です。
グリップセーフティがオミットされてる関係だとは思います。
コッキングは固めですが、ストロークは短く連射しやすい。
装弾数は15発。
16発は入りますが入れるとマガジンが入りません。

重量は100グラム程度と軽量ですが、持った感じはずっしり来ます。




ただ、実銃では本体側についてるはずのリリースボタンがマガジン側についています。
どういうことなの・・・

発射音はやや流速に似た破裂音がします。
まぁ、短い銃身長と短いピストンでパワーを出しているので仕方ないといえば仕方なし・・・

初速は40程度だそうですが18禁らしいです。
年はじめに買った弾側計を先日叔父が引き取った従妹に落とされ破損して計れてないです。
まぁ、悪い子じゃないからいいやと思いつつ、消えた諭吉・・・

追伸
目下ジャガーノートアーマーをさらに改修中。
防御能力をさらに向上予定。  


Posted by 木炭伍長  at 19:37Comments(2)装備品エアーガンネタ装備

プロフィール
木炭伍長
木炭伍長
旧日本軍で駈けずり回るべく奔走中。
主に出水市で活動中。
最近は鹿児島の有料フィールドにてボッチ参戦
現在旧軍同志は三名程度なためこそこそと行動中
もっと鹿児島のサバゲー事情をよく出来たらなぁ・・と模索
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 2人
オーナーへメッセージ